クレジットカードの料金滞納を解決した事例集

クレジットカードの料金返済のため、消費者金融のアコムでお金を借りた

愛知県在住のフリーター女性(22歳)
私はクレジットカードの返済に困り、アコムでお金を借りてその場をしのいだことがあります。

キャッシングは身近な存在だった

キャッシングは以前から利用しており、借りては返し、借りては返しを繰り返していました。
臨時の出費や付き合いでの浪費に対処出来るような貯金や、ゆとりのある家計簿を作るのが苦手でだったからです。
だからお金に困ったらとりあえずキャッシングしてしまうクセが付いていたのかもしれません。

初めてのアコム(笑)

初めてお金をキャッシングしたのはアコムでした。
お金の使い道は、自分の引越し費用です。。
引越しの前日にお金が足りないことに気付いたため、すぐにまとまった金額が必要になり、緊張しましたが消費者金融を訪れました。
それまでは借金という借金をしたことが無かったので、1時間程度の審査は大丈夫でした。
でも身元を調べ挙げられている感覚は、取り調べを受けているような気持で、正直かなり疲れます。
お金を貸す側も、プライベートな情報が必要なのは分かりますが、あまりズケズケと聞かれるのは気持ちのいいものではありません。

でも無事に審査に通り、1時間ほどでキャッシングカードを発行してもらうことができました。
お金を借りるってもっとドロドロしたイメージをしていたのですが、意外にもアッサリした感じでした。
すぐ横にあるATMで現金を借りられた時は、素直に嬉しかったのかもしれません。

借りては返しを繰り返す

その後、キャッシングで借りたお金はキッチリ完済しました。
またキャッシングカードは
完済したら解約しようと決めていました。
でも「また役に立つのかもしれない」という事で、財布の奥のほうにしまうことになります。
そしてあの「打ち出の小づち」のような感覚は忘れられず、常に財布の中にはカードがあるという認識はありました。
そして臨時の出費や付き合いでの浪費に対しても、何故かそんなに抵抗が無くなり、気が付けば財布の奥の方にしまっていた消費者金融のカードを手に取る機会が増えていきました。

そして借りては返し、借りては返しを繰り返すことになります。

クレジットカードの料金滞納

「完済すればいい」という感覚がせめてもの正義のように感じられ、完済をする度に新たにキャッシングする金額が増えていき、いよいよ金銭感覚がマヒしていきました。
そのためクレジットカードの利用額も次第に大きくなっていきます。
そして気が付いたときにはクレジットカードの滞納額が40万円を超え、毎日のように催促の電話が鳴っていました。
督促状や内容証明まで届き始め、さすがにヤバいと感じ、とりあえずキャッシングカードでお金を借りて、クレジットの返済に回そうと考えたのです。
その場をしのぎたい一心だったのかもしれません。
でもクレジットカードの限度額もすぐに一杯になってしまい、お金を借りることもカードで物を買うこともできなくなってしまいます。
そこで新しくカードを作ろうとしたのですが、審査で落とされるようになってしまいました。
フリーターだからダメという理由だったと思います。
そのためネットで情報を集めることにしました。
そこで見つけたのがフリーターでもクレジットカードが作れるというサイトです。
フリーターがクレジットカードの審査に通るポイント書かれており、それを実践してみるとカードを作ることが出来ました。
ただその後はお金に対する感覚が正常に戻り、ムダ使いを止め、シッカリ返済計画を立てられるようになったのです。

今現在も返済中の身ですが、あと3ヶ月ほどで完済できる予定です。
その後は、キャッシングカードを解約して真っ白な体に戻りたいと思っています。

↑ PAGE TOP